25mプール1174杯分のおしっこを吸収!?大人用おむつ市場

 大人用のおむつが子供用おむつよりもマーケットとして大きくなっているらしい。

大人用おむつが、バカ売れするワケ | 産業・業界 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

大人用紙おむつのマーケットが伸びている。業界最大手である、ユニ・チャームの大人用おむつの売上高は、前2013年3月期に600億円を突破。初めて子供用おむつと逆転した。ユニチャームによれば、国内市場全体をみても、10年に子供用1530億円:大人用1440億円だったおむつ市場が、12年には子供用1390億円:大人用1590億円と、ついに子供用を追い抜いてしまったのだ。

 子供のマーケットが縮小して、大人用のマーケットは拡大している。高齢化が進んでいるいるならさもありなんという事ですよね。情報は12年のものなので、今はもう少し広がっている事でしょう。

25Mプール何杯分?

 ただ、1590億円というのがどれほどスゴイのかというのがいまいちピンと来ない。という事で、1590億円分のおむつは、どれだけの水分を吸収できるのか?という情報に換算して見ることにします。このマーケット金額を算出してくれている、ユニチャームのライフリーというブランドで計算します。

ユニ · チャーム ライフリー ナプキン型尿ケアパッド さわやかパッド|商品ラインナップ

 ライフリーには様々なラインナップがありますが、ここでは、一番吸水量が多い『ライフリー その瞬間も安心 12枚』を使用します。つまり、大人用おむつマーケットの1590億円分が、全てこの『ライフリー その瞬間も安心 12枚』であったと仮定すると、どの程度の吸水量なのか?という事です。(少し強引ですが……)

 『ライフリー その瞬間も安心 12枚』1枚で300cc吸水する事ができ、12枚入で1000円です。という事は、

1円で3.6cc

 給水できるという事になります。ということは、1590億円では、

1590億円 × 3.6cc = 572,400,000,000cc

 大人用おむつは1年間で572,400,000,000cc給水している可能性があると……。はい、さっぱり想像が付きませんね。こういう時は『東京ドーム何個分』のように何かに換算すると良さそうです。今回は、容積の換算によく使われる『25mプール何杯』を利用します。

 25mプール一杯分は、487.5 m3です。で、572,400,000,000cc は572,400m3ですので、これで計算すると

572400m3 / 572400m3 = 1,174杯

 大人用おむつは、1年間で25mプール1,174杯分吸収している可能性があるという事ですね。す、すごい、、のか!?

金額だけの比較

この、金額だけを比較してみると以下です。

米バンカメがMBIAとの訴訟で和解、1590億円支払いへ | Reuters

 さすが訴訟大国。

欧州首脳会議:1590億ユーロ規模の新たなギリシャ支援で合意 (4) - Bloomberg

 ギリシヤの対して新たな支援をした金額とおなじと。これを見ると大きい金額な気がしてきますね。

1600億円 -音楽業界でまさかの「逆転現象」発生中 :PRESIDENT Online - プレジデント

 音楽のコンサートマーケットとも代替同じ位ですね。

分かりやすくする道のりは険しく遠い。