読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

避難所へ欲しいものがキチンと届くためのほしい物リスト活用

f:id:niwaringo:20140906011021p:plain

東日本大震災の後にAmazonの「ほしい物リスト」を活用して物資が届けられた事は記憶にあたらしいです。

そのAmazonの「ほしい物リスト」を有事の際に更なる活用をできるように徳島県とAmazonが協定を結んだと発表しました。

災害時に避難所の「ほしい物リスト」公開へ Amazon、徳島県と協定 - ITmedia ニュース

アマゾンジャパンは「ほしい物リスト」に関するマニュアルを徳島県に提供し、避難所ごとリストの初期設定を支援する。大規模災害発生時には、物流が回復次第、県内の各避難所が必要な物品を「ほしい物リスト」で公開。Amazonは特設ページを公開するなど、リストの周知を支援する。

東日本大震災の時は、Twitterなどでの善意の呼びかけが上手く作用せずに、物が届きすぎたりという課題も発覚しました。このような事態を解決するために、既存の仕組みである「ほしい物リスト」を活用して物流の最適化を図ることはテクノロジーの正しい使いかと言えるのではないでしょうか。

有事に備えるために既存の資産を活用できる事がキチンとマニュアル化され、手順が定められることは非常に有益な自体なので、この取組のような形が広まっていくことを期待せずにはいられません。

ちなみにAmazonは普段からも「Amazonのコミュニティ活動」として様々な活動が行われています。

Amazon.co.jp: Amazonのコミュニティ活動