読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IFTTTでGoogle+(グーグルプラス)をトリガにする方法

f:id:niwaringo:20140909235039p:plain

残念ながら2014年9月現在、IFTTTはGoogle+(グーグルプラス)に対応していません。

しかし、本の一手間を加えるだけでIFTTTでGoogle+のポストをトリガにする事が可能になります。

方法は簡単。

『Google+のポストをRSSフィードに変換する』

だけです。

IFTTTは標準ではGoogle+未対応

f:id:niwaringo:20140909235235p:plain

IFTT標準では、Googleサービスでトリガに使えるのはGoogleカレンダーのみ。Google+はまだAPIを使ったエコシステムを大事に育てている印象ですよね。もう少し開放して欲しい……

Google+のポストをRSSフィードに変換

f:id:niwaringo:20140909235323p:plain

標準では利用できないGoogle+のポストをトリガとするため、まずはGoogle+のポストをRSSフィードに変更するサービスを利用します。

Google+ To RSS As A Service

Google+ To RSS As A Serviceの使い方は簡単!Google+のユーザーIDを入れるだけ。(ユーザーIDはGoogle+のURLに含まれるながーい数字です)

Trigger ChannelでFeedを選択

Google+のポストがRSSをフィードに変換されるとIFTTの『Feed』チャンネルで対応出来るようになります。

f:id:niwaringo:20140909235349p:plain

Trigger Channelで『Feed』を選択。はじめ『RSS』と検索してでなくて焦っていたのは内緒です。


f:id:niwaringo:20140909235409p:plain

全てのポストで発火するか、文字列がマッチしたポストだけで発火するのか選択します。

Feed URLにRSSサービスのフィードURLを入力

f:id:niwaringo:20140909235432p:plain

FeedのURLを聞かれますので、作成したRSSフィードのURLを入力します。

はい。後はTwitterでつぶやくなりFacebookに投稿するなり、煮るなり焼くなり気の召すままにしてください。

Google+のリンクは避けてFeedのTitleのみを使うという選択

このレシピを利用する時には気をつけたい事があります。

f:id:niwaringo:20140909235450p:plain

まず、Google+のリンク入力エリアで入力されたURLをFeedでは取得できません。そのため、リンクを紹介したい時はGoogle+のリンクにURLを入力せずにテキスト部分にURLを入力するようにしましょう。


f:id:niwaringo:20140909235500p:plain

また、{{EntryUrl}}はGoogle+のパーマリンクへのリンクになります。投稿したリンクに飛ばしたい場合は、テキスト部分にURLまで入力するようにして、IFTTTで利用するのは{{EntryTitle}}のみでよろしいかと存じます。

皆様のIFTTTライフのご参考になれば幸いです。