バッテリー問題を解決テクノロジー「BatteryOS」を搭載したバッテリー「BatteryBox」

BatteryBox

現代を生きるうえで常に頭を悩ませるのが、スマートフォンからタブレット、ノートPCにいたるまでのデジタル製品が抱えるバッテリー問題です。

このバッテリー問題に取り組んでいる企業があります。Y Combinator出身のGbatteriesです。

Gbatteriesがバッテリー問題を解決するためにとったアプローチは、新しいバッテリーを発明するのではなく、バッテリーに流れる電力をコントロールするシステムの構築です。

このバッテリーをコントロールする技術は『BatteryOS』と名付けられています。BatteryOSは、バッテリー寿命を4倍長持ちさせ、容量を10〜40%も増加させます。

凄いっす。特にバッテーリー寿命は悩ましい問題なのでこれは期待してしまいます。


Gbatteriesが開発したBatteryOSを搭載している携帯バッテリーが『BatteryBox』です。

f:id:niwaringo:20140308012842j:plain

USB経由でのモバイル機器への接続から、特別ケーブルによってMacBook(Air・Pro)に接続できます。

iPhoneなら80時間、MacBook Airなら12時間使用可能というのは必要十分な容量を備えているうえ、嬉しいのはBatteryOSによる長寿です。

f:id:niwaringo:20141101131019p:plain

時間を追うたびに通常のバッテーリーは容量が減っていくのに対して、BatteryBoxはほぼ劣化しません。

現在は、絶賛プレオーダー受付中です。


バッテリー問題は本当に悩ましい問題です。AppleWatchも1日1回充電が必要という事が発表されて色々な声があがりました。

BatteryOSはどのリチウムイオン電池にも対応できる予定のようですので、将来的には外付けではなくハードウェアにビルトインされると良いですね :)