読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者のキーボード離れって、それDvorakさんの前でも同じこと言えるの!?って事でモバイルでの文字入力方法をまとめてみる

若者のキーボード離れ

若者の◯◯離れっていうのは、『へー』意外の感想を持ちようがないのですが、「若者のキーボード離れ」というのは流石にビックリしました。

これ、言われてみればあたり前で、パソコンの普及率が減少している昨今では、キーボードに触れる機会も減るので、キーボード離れが加速するのは必然ですよね。

『俺が若い頃はタッチタイピングができる事が若者の特徴で、人差し指タイピングのおじさん達を馬鹿にしていたもんだよ』ってな遠い目をしたくなるのは老害ですかね :(

で、これも言われてみれば当たり前なんですが、キーボード離れの人たちが使う日本語入力方法って「フリック入力」なんですよね。

個人的には、モバイル端末での文字入力といえば、ベル打ちから始まってトグル打ちときて、フリック入力を経験しているので、フリック入力とか本当に最近だよなーという感じなんですが……ええ、やっぱり老害ですね。

老害なりに色々な文字入力方法を経験しているので、今まで見聞きをしたことがあるモバイルでの入力方法をまとめてみます。

2タッチ入力 (ベル打ち)

いわゆる「ベル打ち」、正しくは「2タッチ入力」というのですね。

子音(あかさたなはまやらわ)を選択後、母音(あいうえお)を12345のうちから選択し入力する。 例えば「お」と入力する際、かな入力では「11111」と押して「あ、い、う、え、お」を辿る必要があるが、2タッチ入力の場合「"あ"行(1)の5番目」という意味の「15」と入力する。また、「けいたい」と入力したい場合、かな入力では「2222(け)、11(い)、4(た)、11(い)」と9回押すが、2タッチ入力では「24(け)、12(い)、41(た)、12(い)」と8回押しで済む。

ガラケー当初はベル打ちをしていたが、次第にマルチタッチに以降したアラフォー世代の人も多いのではないでしょうか?なんで、ベル打ちやめたのかとんと記憶は無いですが……

ニコタッチ方式

一部の友人が利点を力説していた記憶が蘇ってきます。結局、私の周りでも、世間でも普及する事はありませんでしたが。

1桁目に子音「あかさたなはまやらわ」の行に対応する「1234567890」を選択し、2桁目に母音「あいうえお」の段に対応する「12345」を選択する。例えば「けいたい」と入力する場合、「24(け)12(い)41(た)12(い)」となる。ここまではポケベル入力と同様だが、捨て仮名の「ゃゅょ」(拗音)や「っ」(促音)を含む場合も2回の打鍵で行う。例えば「ちゃくしん」と入力する場合、「42(ち)84(ゃ)23(く)32(し)03(ん)」となる。これにより、トグル入力に対し、ポケベル入力よりもさらに平均打鍵回数が減少する。

効率を求めても直感的でないものは普及が難しいという好例になってしまいましたね。

T9

PDAユーザーの一部などで人気があった(?)T9方式。

T9は各キーに割り当てられている文字の頭文字を1回ずつ入力するだけで、あとに続く文字を含む単語に変換することができる。例えば「こんにちは」は「かわなたは」(一般的な日本の携帯電話では「20546」)と入力すると候補として表示される。いくつもの単語が予測できる場合、例えば「かあかあ」では「こうかい」、「けいかい」、「かいかい」、「こうこう」、「くうこう」などの候補が表示される。

いや、言わんとすることは分かるんですが、脳内変換コストが掛かり過ぎる……。

効率を求めても直感的でないものは普及が難しい代表例パート2。

トグル入力 (マルチタップ)

ガラケーでの文字入力といえばコレですよね。個人的には、スマホでもはじめはコレを使っていました。折角のスマホだから、ということでフリック入力に変更しましたが。

1つのキーに五十音の1行やアルファベット3-4文字など複数の文字が対応し、ボタンを押すごとに次の文字が現れる(トグル機構を持つ)文字の打ち方である。例えば「1」のキーを押すごとに「あ→い→う→え→お→…」という順で文字が現れるようになっている。

わかり易さは正義ですよね。ガラケーのような小さな物理テンキーではコレが一番最適な気がします。

Godan入力

AndroidのGoogle日本語入力に付属している。

Godan キーボードは、スマートフォンで快適にローマ字入力ができるようにデザインされたキー配列です。画面左側に A、I、U、E、O(あいうえお)が縦に並び、中央と右側に K、S、T、N、H、M、Y、R、W(かさたなはまやらわ)が並びます。

効率を求めても直感的でないものは普及が難しい代表例パート3。普及されてしまったキー配列は効率の御旗のもとでは倒せない、という意味ではDvorak先輩の正当後継者とも言える。

フリック入力

現在の王者。

日本語入力方式としてのフリック入力は、テンキー風に配置された各行のあ段(あかさたなはまやらわ)の周囲に、十字型や扇形に他のい段・う段・え段・お段の4段が潜在的に配置されており、あ段のキーを押しつつ目的の文字の方向に指をスライドさせる(弾く)ことで、文字を入力する。

もはや説明は不要であろうフリック入力。キーボードがハードから開放されて、ソフトウェアになった賜物ですね。


あと、これだけの入力方法が出てきて廃れたのは10年ちょっとでしょうか。今後10年ではどうなるのか楽しみですね :)

ポケベルが鳴らなくて

ポケベルが鳴らなくて